高校生と大人のためのサマープログラム

[終了]高校生と大人のためのシュタイナーサマープログラム開催!(8/23~8/25)

(2021.08.25)
本日、無事に全ての日程を終了しました。
鳥山雅代先生、ヴィリギリウス先生、そして参加してくださった全ての方々に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

(2021.08.19)
・予定通り、お申し込みは8月18日で締め切りました。たくさんのお申込みを頂きまして、ありがとうございました。

(2021.08.16)
・8/20より福岡県に緊急事態宣言が発出されることになりましたが、シュタイナーサマープログラムは予定通り行います。
ただし、高校生プログラムの宿泊は行いません。また、大人の講座は会場での受講からオンライン受講に変更もできますので、その際はお知らせください。
・大人のオイリュトミー1・2は会場での受講者が定員に達したため、受付を終了します。(オンライン配信はありません)
・大人の講座6・7は会場での受講者が定員に達したため、今後はオンライン受講のみ受け付けます。

(2021.08.14)
お申し込みの締め切りを8月18日とさせて頂きます。
受講希望の方はどうぞお早めに、ページ下にある「お申し込みフォーム」からお申し込みください。

(2021.08.04)
【割引特典】
・高校生プログラムの県外参加者は交通費補助として1万円引きさせて頂きます。
・大人プログラムの賛助会員の方のご参加は1講座1500円となります。

(2021.08.01)
・大人の講座1,2,3は会場での受講者が定員に達したため、今後はオンライン受講のみ受け付けます。

(2021.07.10)
・高校生のプログラム内容を追記しました。
・「大人向け講座のオンライン配信はライブのみ」を追記しました。

東京賢治シュタイナー学校から鳥山雅代先生とヴィリギリウス・フォーグル先生をお招きして、高校生のための3日間の体験授業を行います。

この合宿形式の体験授業では、午前午後と高等部のシュタイナーの学びをじっくり体験していただき、夜はお二人と先生方と一緒に夕飯を作ったり、高校生たちと語らいあう時間を予定しています。
高校生のためのシュタイナー教育ってどんなものだろう?もっといろんな芸術活動をしてみたい!同年代の高校生と繋がりたい!という高校生の皆さん、この熱き3日間を一緒に体験してみませんか。
また、高校生のためのシュタイナーの学びとはどんなものか、大人の方にも体験していただける大人のための講座もあります。若者のためのシュタイナー教育を体験できるこの機会に、ぜひ足をお運びください。

タイムスケジュール

※クリックすると拡大します。

プログラム概要

日時:2021年8月23日(月)24日(火)25日(水)

場所:桧原シュタイナー土曜学校・南福岡キリスト教会ホール
福岡市南区桧原2-54-7

※時間、内容の詳細はタイムスケジュールをご覧ください。

費用
高校生 [3日間通し] 30,000円
※対象:中学3年生~高校3年生まで

大人 [1講座] 2,000円
※大人の講座はオンラインでのライブ配信も行います。
(録画はありません)

お支払い方法:事前振込となります。
お支払い口座は申し込み後にお知らせいたします。

その他
定員に達しましたら、お申し込みは締め切りとさせて頂きます。

高校生プログラム内容

物理学
私たちの周りを取り巻く技術を理解する。
電話通信の機能を理解することで、どのように技術が実生活に作用しているかを追求する。
 
物づくり
初歩的コンピューターの作成を行う。
思考過程をどのように電気を通して追体験することができるのか?論理回路を作ることを通してコンピューターの根本的機能を理解する。

お申し込み・お問い合わせ

お申込み・お問い合わせは以下のフォームからお願いします。
※お申し込みは締め切りました。

講師紹介

鳥山雅代 先生
自由の森学園卒業後、ミュンヘン・オイリュトミー学校で学ぶ。1995~2007 年、ヴェルンシュタイン、ニュルンベルク、ハスフルトのシュタイナー学校でオイリュトミーを担当。
2001年~2004年、ニュルンベルグシュタイナー学校の教員養成と提携した日本人の為の教員養成ゼミナールをコーディネートし、通訳も務める。
現在、東京賢治シュタイナー学校高等部担任、オイリュトミー・文学・美術史担当。

ヴィリギリウス・フォーグル 先生
ドイツ・バイエルン州生まれ。ミュンヘン工科大学で物理学を専攻。同時にオイリュトミー学校で学ぶ。
ニュルンベルグ・シュタイナー学校、ハスフルト・シュタイナー学校でオイリュトミー専科、高等部担任を務める。教師生活を続けながらフィオーナ・アンサンブルのメンバーとしてオイリュトミー公演をドイツ、アメリカ、日本で開催し、自らも舞台に立ちシュタイナー教育やオイリュトミー芸術の普及に携わる。
2007年に来日し、以来東京賢治シュタイナー学校でオイリュトミー、物理、高等部担任を担当。また学校の理事として、学内だけではなく、他校との協力関係を築き、日本のシュタイナー教育の発展の為に力を注いでいる。

関連記事一覧